理想の家を注文住宅で、土浦に!

家を建てる、ということは人生においてそう何度もあることではありません。

とても大きな買い物ですので、普通のサラリーマンをしている人であれば、一軒家を建てるのはおそらく一生に一度のことでしょう。

ですから、どこにどのような家をどの程度の金額で建てるのか、この選択が非常に重要になってきます。

私は一生に一度のこの選択において、茨城県の土浦に注文住宅を建てることを家族で決めました。

みなさんは土浦がどんなところかご存知ですか?

東京に住んでいる人にとっては茨城というと少し遠く、田舎のイメージがあるかもしれません。

確かに都会とは言い難い雰囲気ですが、実は東京まで電車で1時間程度で行くことができるんです。

実際大学時代、何人か土浦から毎日都内の大学に通っている友人がいました。

東京へも出て行きやすい上、東京よりも安く家を建てることが可能なので、いろいろな部分にこだわって家を建てることも可能です。

ですから我が家は自分たちの意見を反映させられる注文住宅を、都会から少し離れた土浦に建てることに決めたのです。

我が家が家を建てることに決めたとき、一番初めに決めたのは大まかな場所でした。

土浦という場所に決めたのは、主人の実家が近く、主人の勤務先や東京への出やすさを考えてのことでした。

土浦は確かに都会というわけでもないですが、田舎過ぎるわけでもなく過ごしやすいイメージです。

交通に関しては車の免許があれば不自由はありません。

東京で家を買うとなるとやはり土地探しも大変ですし、金額もかかってしまうのが悩みどころですが、このあたりは東京ほどお金をかけずに家を建てることができるのが強みですね。

ですから、我が家は建売を購入するのではなく、しっかり自分たちの意見を反映させることのできる注文住宅を購入することに決めました。

注文住宅を建てるにあたり、我が家がお世話になったのはこちらの業者さんです。

土浦で注文住宅を建てるなら業者を比較して選びませんか?

自分の理想の家を作り上げるということになると、たくさんの希望・要望が出てくるわけで、打ち合わせの際担当の方にはとてもお世話になりました。

あれこれ悩んで時間がかかりましたがその分、しっかり家族の希望を反映した家を建てることができそうです。