注文住宅ってそもそもどんなもの?

業界の人でなければ、そう何回も家を建てる場面に遭遇する人はいないでしょう。

注文住宅とは言いますが、実際どんなものなのかはご存知でしょうか?

まず初めに注文住宅について説明したいと思います。

名前のとおりですが、注文して建ててもらう住宅のことです。

つまり、好きな土地に好きな間取りやデザインで建てられる住宅です。

対になるのは建売住宅と呼ばれ、既にできている家を購入するものです。

既にできているので建売住宅は自分の意見や要望を取り入れることは当然できません。

ですから、自分の理想の間取りがあるとか、庭はこんなふうにしたいなどという要望がある場合には注文住宅を選択しなければなりません。

反対に家は欲しいけれど自分であれこれ考えるのはちょっと・・・という方には建売住宅が適しています。

既に家はできており、手続きさえ終わればすぐに入居が可能なので、納得がいけばすぐに住むことができます。

時間をかけて自分好みの家を作り上げるのが、注文住宅というわけですね。

注文住宅については、建売住宅と比較することで良くわかっていただけると思います。

まず注文住宅を建てる際には土地を探さなければいけませんが、建売住宅の場合にはその労力はかかりません。

気になるのは価格かと思います。

既製品とオーダーメイドの比較になりますので単純な比較はできませんが、一般的に値段だけで見れば、建売住宅の方が安く購入することが可能です。

建売業者はいくつもの設計や施工を同時に行う、見えない部分のグレードを落とすなどをしてコストダウンを図っています。

注文住宅の場合、手がける業者にもよりますが細部までこだわって設計されていればそれだけコストもかかりますので、値段だけで言えば建売住宅の圧勝になります。

また、注文住宅の場合は長期間かけての打ち合わせが必要になりますから、労力もたくさんかかります。

しかし自分が一生暮らす家ですから、安くて楽だからと簡単に決められるものでは当然ありませんよね。

家を買うときは、自分にとって何が一番重要かしっかりと考慮してどちらを選択するのか決めてくださいね。