注文住宅と買う前に。持ち家と賃貸、どっちがいいのか

新しい家に引っ越すことを考えたとき、我が家はすぐに注文住宅を購入することで意見が一致しましたが、そもそも注文住宅などと決める前にまずは賃貸にするか購入するかを考えますよね。

その点でどうしても気になるのが、「どっちの方が得なのか?」

ということだと思います。

もちろん結論で言えば比較することはできませんが、まずは費用の点から見てみることにしましょう。

賃貸に住むとなった場合、一番目が行くのは家賃でしょう。

家賃には相場というものがあり、家賃の相場は金利や貨幣価値、さらには需要のバランスによって変動していきます。

ですから今15万円である家賃は将来もしかしたら10万円になるかもしれませんが、住宅ローンはそういうわけにはいきません。

もちろん逆の可能性もありますのでどちらが得かは断定することはできません。

ただ家賃の相場は収入と間接的に連動しますので、負担率としては一定でリスクは少ないと言えるかもしれません。

気軽に引っ越しができるというのも賃貸の利点のひとつと言えるでしょう。

持ち家と賃貸、二つの比較は個人のライフスタイルや価値観にどちらがより適しているかを考えて比較するのが一番良いと言えるでしょう。

持ち家の良さといえば、やはり所有者は自分であるということでしょう。

注文住宅やデザイン住宅を自分たちで長い時間かかけて設計したのであれば当然愛着もわくでしょうし、気兼ねなく快適に住むことができます。

賃貸では壁に画鋲を打つのも気を使いますのでこうはいきませんね。

家を購入した場合は長くそこに住むことになりますから、コミュニティの一員としての満足感を得ることもできます。

一方賃貸は気軽に住み替えが可能なのが利点と言えるでしょう。

たとえば子供がクラスに溶け込めず転校せざるをえなくなったときなどは賃貸に住んでいれば迅速に対応することができます。

このように、それぞれの価値観やライフスタイルによってどちらの方が良いかは変わってきます。

建てるにあたって特に労力のかかる注文住宅やデザイン住宅などを選択する際には、リスクやデメリットなども考慮に入れることを忘れないようにしましょう。